愉快な“病人”たち

「白血病=死の病」というイメージを変えたい…友寄蓮さん

友寄蓮さん(C)日刊ゲンダイ

 そんな11月半ば、突然、鼻血が出て止まらなくなりました。両方の鼻の穴から流れ続けること4時間。それに加え、足や膝を触っているだけで指の痕が付くようになったので、子供の頃に通っていた小児科へ行ったんです。

 そこの先生は大きな病院の先生でもあるので、私の顔色を見るなり血液検査をしてくれました。数日後、検査結果を聞きに行くと、すぐに大きな病院に運ばれ、さらなる検査になりました。その頃は、もう具合が悪すぎて記憶があまりありません。

「白血病」を告知されたのは、病室のベッドで横たわりながらでした。あっさり言われたので実感もなければ不安もなく、むしろ「病名がわかったから治療が受けられる」という期待のほうが大きかった。

 初めは3カ月ぐらいの入院と通院という大人の治療プランだったのですが、1週間後に小児プランに変更になりました。当時は15~16歳というのがその境目の年齢だったようです。

2 / 5 ページ

関連記事