進化する糖尿病治療法

ただ血糖値を下げるだけでは患者の予後は良くならない

“プラスアルファ”が重要(C)PIXTA

 前回、「肥満がなぜ悪いのか」についてお話ししました。肥満の問題点は、生きていく上で重要な、さまざまなホルモンの分泌が正しく行われなくなること。

 そしてもうひとつ、肥満に至る過程が問題だと指摘しました。不規則で栄養が偏った食事、運動どころか、歩くことすら少ない生活、「再検査」を無視してしまう、あるいは無視せざるを得ない状況、睡眠不足やストレス……。

 これらが重なり、体重は増え、やがて生活習慣病を発症する。糖尿病を発症したのは、「肥満に至る長い時間経過」が招いた結果なのです。

 かつての糖尿病の治療は、血糖を下げて患者さんの予後をよくすることが目的でした。しかし、研究が進み、糖尿病患者さんの予後をよくするには、ただ血糖を下げるだけでは不十分だと分かってきたのです。何回もお伝えしていますが、「肥満に至る長い時間経過」が糖尿病を招いているからです。血糖コントロールが悪くなったのは、ひとつの結果であって、血圧が高い、コレステロールが高い、中性脂肪が高いなど、ほかの結果も招いているからです。

1 / 4 ページ

坂本昌也

専門は糖尿病治療と心血管内分泌学。1970年、東京都港区生まれ。東京慈恵会医科大学卒。東京大学、千葉大学で心臓の研究を経て、現在では糖尿病患者の予防医学の観点から臨床・基礎研究を続けている。日本糖尿病学会、日本高血圧学会、日本内分泌学会の専門医・指導医・評議員を務める。

関連記事