愉快な“病人”たち

「まだ生きなきゃ」いまも乳がんと闘う大月絢美さんの覚悟

大月絢美さん(C)日刊ゲンダイ
大月絢美さん(歌手・37歳)=乳がん

 いろいろあって結婚式をしていなかったので、今年の4月末にやっと挙げました。この3月末に乳がんの再発がわかったからです。そう、「髪の毛があるうちに」ってことです(笑い)。

 急きょ決めたことにもかかわらず、学友や乳がん仲間など約150人が集まる盛大な式になりました。ドレスを用意してくれた人、イヤリングを作ってくれた人、ヘアメークをしてくれた人、引き出物のお菓子を作ってくれた人……みんなに協力してもらって本当にありがたい式でした。

 最初の乳がん告知は2015年12月です。自己触診で右胸内側のアズキ大のしこりに気づき、当時、乳がん治療中だった母と同じクリニックでエコー検査をしたのです。「良性」との診断があり、安心したのもつかの間、数カ月の間に鶏卵ぐらいの大きさになったので大学病院に駆け込みました。すると「ステージ3Cの乳がん」と診断されたのです。

1 / 5 ページ

関連記事