性感染症最前線

ペニスの裏から黄白色のグミ状物質が…「タイソン腺」の謎

写真はイメージ(C)日刊ゲンダイ

 性感染症専門クリニックでは「もしかして性病ではないか」と、さまざまな相談が持ち込まれる。「プライベートケアクリニック東京」(新宿区)を受診した20代男性の症例はこうだ。

「先生、ペニスの亀頭と裏筋の間にくぼみのような場所があるのですが、そこから直径5ミリほどの黄白色で硬めのグミのようなものが出てきました。心当たりがないのですが、何か病気をもらったのでしょうか」

 マジマジ観察しないと気付きにくいペニスの裏側の異変だが、珍しいことではない。尾上泰彦院長が言う。

「ペニスの裏筋は『包皮小帯』といいます。その左右に『タイソン腺』という分泌腺が開口していて、日本人男性の約50%に認められます。そこから黄白色チーズ様の脂肪性物質が分泌されています。その包皮小帯の真下にくぼみがあり、たまたまそこにタイソン腺が存在する人は、何年もかけてそのくぼみに分泌物がたまって塊になってしまうことがあります。それを尖圭(せんけい)コンジローマと間違って受診する人が時々います」

1 / 2 ページ

関連記事