上皇の執刀医「心臓病はここまで治せる」

「ヨガ」には心臓にとってプラスになる要素が詰まっている

順天堂大学医学部心臓血管外科の天野篤教授(C)日刊ゲンダイ

 ヨガは心臓や血管の健康増進に効果がある――。米国心臓協会の報告です。

 ヨガは古代インドが発祥の修行法で、現在は健康や美容を目的としたエクササイズとして広まっています。さまざまな種類があり、ポーズや呼吸法も数多くあります。かねて多くの健康効果が報告されていて、米国心臓協会は「研究では血圧や脂質の値を下げ、ストレスの軽減、肥満度の改善など心血管の健康増進に有効性が示されている」としています。

 また、「ヨガを実践していた人は、まったく運動をしなかった人に比べて、総コレステロール値や中性脂肪値が低く、血圧も低下した」という臨床研究も報告されています。いずれも心臓疾患のリスク因子ですから、やはり心臓の健康維持に貢献するといえるでしょう。

 心臓を強くするには、負荷をかけ過ぎない程度の有酸素運動を続けることが大切です。負荷をかけ過ぎない運動というのは、「心拍数が130を超えない」程度が目安になります。体中に血液を送り出して循環させている心臓は、運動すると筋肉に血液を送るために普段よりも活発に働きます。心臓も筋肉なので、運動によって鍛えられるのです。

1 / 4 ページ

天野篤

1955年、埼玉県蓮田市生まれ。日本大学医学部卒業後、亀田総合病院(千葉県鴨川市)や新東京病院(千葉県松戸市)などで数多くの手術症例を重ね、02年に現職に就任。これまでに執刀した手術は6500例を超え、98%以上の成功率を収めている。12年2月、東京大学と順天堂大の合同チームで天皇陛下の冠動脈バイパス手術を執刀した。

関連記事