生活と健康 数字は語る

調査結果で使われる「統計学的に有意」とはどういうこと?

写真はイメージ(C)日刊ゲンダイ

 母集団のある性質を知るために、そこから抽出した標本をもとに推定することはよく行われる統計学的手法です。国民健康・栄養調査はその典型です。日本人全員を調べられないので、一部の日本人から無作為に抽出した標本を用いて全体がどうなのかを推定します。

 その結果としてよく使われる「統計学的に有意」というのがどういうものなのか。ちょっと説明してみましょう。

 例えば、こうした標本調査を100回行ったとしましょう。100回行ったときに、何回喫煙率の減少が示される割合を推定します。このとき96回で減少が示されることが予想されるとき、つまり喫煙率が減らないとか増加する場合が4回で、5回未満のとき、統計学的に有意な減少という判断になります。この減少しない、増加するという結果が出る割合の推定値が危険率、その危険率がどの程度小さければという基準、すなわち100回のうち5回以内、100分の5、5%を有意水準と言います。

1 / 2 ページ

名郷直樹

「武蔵国分寺公園クリニック」院長、「CMECジャーナルクラブ」編集長。自治医大卒。東大薬学部非常勤講師、東大医学教育国際協力研究センター学外客員研究員。臨床研究適正評価教育機構理事。7月末に「検診や治療に疑問を感じている方! 医療の現実、教えますから広めてください!!」(ライフサイエンス出版)を出すなど著書多数。

関連記事