20~40代に増加中「子宮頸がん」早期発見でも喜べない理由

写真はイメージ(C)日刊ゲンダイ

「円錐切除術は子宮温存も可能ですが、不正出血や将来の妊娠時の流産や早産のリスクを高めます。さらに進行がんでは予後は良くなく、排尿障害、下肢のリンパ浮腫などの術後の後遺症がある。産婦人科医の大半は、子宮頚がん対策には子宮頚がんワクチン接種が不可欠だと考えています」

■ワクチン接種は全世界で続々と導入されている

 日本では子宮頚がんワクチンは現在、定期接種であるものの、「積極的勧奨」はされていない。接種後に慢性疼痛や運動障害などの症状が報告されたからだ。そのため、自治体から個人への個別通知で予防接種を勧めておらず、子宮頚がんワクチンの存在自体を知らない人も多い。WHOが推奨し、全世界で予防接種プログラムを導入する国が相次いでいる一方で、日本は稀有な存在だ。

 検診で早期発見に努めればいいのでは……という声もある。

2 / 4 ページ

関連記事