「帯状疱疹」2つのサインが現れたら…3日以内に病院へ

漫才コンビ「ハイヒール」のモモコさんも経験者
漫才コンビ「ハイヒール」のモモコさんも経験者(C)日刊ゲンダイ

 昨年、帯状疱疹を発症した漫才コンビ「ハイヒール」のモモコさんは最初、「おたふく風邪かな?」と思ったそうだ。受診した内科医は「風邪かなぁ?」。それほど帯状疱疹は、症状の出始めでは分かりづらいケースがある。中野皮膚科クリニックの松尾光馬院長に注意すべきことを聞いた。

 帯状疱疹を見逃さないためのポイントは症状の出方だ。

 最初は、「ピリピリと刺すような」「皮膚の奥がズキンとするような」などの痛みが起こる。

 特徴的なのは、体の片側に見られること。目の上、胸、お腹に多い。

 1週間くらいの間に、赤いポツポツした発疹が出てくる。それらは数日ほどで水ぶくれになる。

 発疹がどれほど広がるかは人それぞれだが、大体1週間ほどすると拡大が治まり、その後1週間ほどでかさぶたになる。さらに1週間ほどするとはがれ落ちる。

 皮膚のブツブツは帯状疱疹に限った症状ではないが、「①痛みから発疹②症状が出ているのが体の片側」の2つの項目を満たすなら、速やかに皮膚科を受診すべきだ。

「痛みのみの段階では、医療機関を受診しても、たとえ皮膚科であっても帯状疱疹かどうか判別できない。しかし発疹が出ていれば、帯状疱疹の診断は難しくありません」(松尾院長=以下同)

 帯状疱疹そのものは命に関わることは少ない。人によっては自然に治ってしまう。

 しかし帯状疱疹が厄介なのは、「帯状疱疹後神経痛」という後遺症のリスクがあることだ。発疹は治ったのに、痛みだけが残る。前述のモモコさんもそうだった。帯状疱疹後神経痛のつらさを「骨折より、出産より痛いですよ」と話している。

「帯状疱疹は、水ぼうそうのウイルスである水痘帯状疱疹ウイルスが原因で発症します。子どもの頃に水ぼうそうにかかって治っても、ウイルスは脳や脊髄の感覚神経節に潜んでおり、免疫力が低下した時に活性化して、帯状疱疹を引き起こす。初期の炎症による痛みは鎮痛薬や抗ウイルス薬で抑えられますが、帯状疱疹の炎症で神経細胞や神経線維が変性すると、帯状疱疹後神経痛という痛みに変わるのです」

■治療が遅れると長期にわたり痛みが続く後遺症が

 帯状疱疹の治療が遅れると、神経の変性が広範囲に及びかねない。神経は一度変性すると元に戻らないため、完治を目指す治療ではなく、対症療法として抗てんかん薬、抗うつ薬、医療用麻薬などを用いる。

 数週で痛みが治まる人もいれば、数カ月で日常生活に支障がない程度まで痛みが抑えられる人もいる。

 しかし、複数の薬を組み合わせたり、種類を変えたりしているのに、2年以上経っても帯状疱疹後神経痛が続く人は、完全に治るケースはまれだ。

 10~20年も通院している人もいるという。

 では、対策はどうすればいいのか? 

 前述の通り、発疹が出たら極力早く皮膚科を受診することだ。

「発疹が出て3日以内の治療がベスト。出張中や旅行中であっても、その地で皮膚科を探して受診した方がいい」

 さらに検討した方がいいのが、帯状疱疹予防用のワクチン接種だ。

 欧米では10年以上前から帯状疱疹予防として用いられてきた水痘ワクチンが、日本でも2016年から50歳以上に対して認められている。

「14年に小児水痘ワクチンが定期接種化されて以降、水ぼうそうの流行が激減しています。そのため今後、帯状疱疹の激増が予想される。水ぼうそうにかかった子どもと接すると、水ぼうそうのウイルスに対する免疫機能が高まって帯状疱疹のリスクを下げるのですが、それが今後は期待できないからです」

 帯状疱疹は水ぼうそうにかかったことがある人なら、誰でも発症の可能性があることを考えると、ワクチン接種で予防をしっかりした方がいい。帯状疱疹後神経痛が出てから後悔しても遅い。

関連記事