更年期を知って夫婦円満

閉経後に生活はどう変わったか?更年期世代に聞いてみた

写真はイメージ(C)日刊ゲンダイ

「閉経で“女”が終わった……」

 このような言葉を耳にすることがあります。私自身はそこまで思わないにしても、長く付き合ってきた月経がなくなるのは寂しいと感じていました。実際はどうなのか? 周りの更年期世代の女性に聞いてみると、意外にもよいこと尽くしの声が多かったのです。

 PMS(月経前症候群)や生理痛などに悩まされてきた方からは、「毎月の月経とサヨナラできる」「いつでも終わってほしいと思っていた」。私もPMSで悩み、対処に苦労した記憶がよみがえりました。

 旅行好きな方からは、「月経を心配せず旅の日程を組め、温泉だって確実に入れる」「月経の日がぶつかる旅行は、旅館のシーツを汚すかもしれないと余分にタオルや着替えを持参し、生理用品も含めると荷物が大変だった」という話が出ました。出張の多い仕事の方も似た意見でした。

1 / 2 ページ

小林ひろみ

メノポーズカウンセラー。NPO法人更年期と加齢のヘルスケア会員。潤滑ゼリーの輸入販売会社経営の傍ら、更年期に多い性交痛などの相談に乗る。

関連記事