ニューヨークからお届けします。

大統領候補の年齢と健康の関係は…米国で初の調査結果が

全員70代(左からサンダース、バイデン、ウォーレン)(C)ロイター

 2020年11月の大統領選挙まであと14カ月足らず。話題になっているのは立候補者たちの年齢です。

 候補者絞り込み真っ最中の民主党では、フロントランナーのジョー・バイデン前副大統領が76歳、続くバーニー・サンダース上院議員が9月で78歳、エリザベス・ウォーレン上院議員70歳と軒並み70代です。

 対する現職トランプ大統領は73歳。こうした年齢が大統領というハードな職務に影響があるのでは? という懸念が語られる一方で、米国老化・老年問題研究連盟が大統領候補の年齢と健康との関係を初めて調査し、その結果を発表しました。

 それによれば、彼らが2期連続で当選した場合、8年の任期中に亡くなる可能性はそれほど高くないどころか、任期を超えて健康的に長生きする可能性があり、彼らの年齢はまったく気にする必要はないとコメントしています。つまり、彼らは「スーパー・エイジャー」というわけです。

1 / 2 ページ

シェリー めぐみ

シェリー めぐみ

横浜育ち。早稲田大学政経学部卒業後、1991年からニューヨーク在住。

関連記事