Dr.中川のみんなで越えるがんの壁

急逝した大谷の同僚も医療用麻薬…使用量を国際比較すると

突然亡くなったスカッグス投手(左)と大谷(C)共同通信社

 チームメートの大谷翔平選手(25)も、ショックでしょう。米紙ロサンゼルス・タイムズは、7月1日に27歳で急逝したエンゼルスのタイラー・スカッグスの死因が、医療用麻薬とアルコールを摂取した後、嘔吐物を喉に詰まらせたことによる窒息死と報じています。

 遺族の声明文によると、警察は、球団関係者が医療用麻薬の提供に関与した可能性を含めて捜査中とのこと。社会問題になっている医療用麻薬の乱用が、改めて浮き彫りになった格好です。

 もちろん依存が疑われるほどの乱用は、よくありません。しかし、痛みをしっかり取ることは、医療の基本。今回、この報道を取り上げるのは、あくまでも痛み治療という視点です。

 4年前、トヨタ自動車のジュリー・ハンプ元常務が麻薬取締法違反の容疑で逮捕されたことを覚えている方もいるでしょう。膝の痛みを和らげようと、米国から国際宅配便で医療用麻薬成分「オキシコドン」を含む錠剤57錠を密輸した容疑で、明らかに違法です。

1 / 3 ページ

中川恵一

1960年生まれ。東大医学部医学科卒業。同院緩和ケア診療部長を兼務。すべてのがんの診断と治療に精通するエキスパート。がん対策推進協議会委員も務めるほか、子供向けのがん教育にも力を入れる。「がんのひみつ」「切らずに治すがん治療」など著書多数。

関連記事