Dr.中川のみんなで越えるがんの壁

急逝した大谷の同僚も医療用麻薬…使用量を国際比較すると

突然亡くなったスカッグス投手(左)と大谷(C)共同通信社

「膝の痛みに医療用麻薬を使うのか」と思われるかもしれませんが、米国では抜歯後の痛みや生理痛、ケガの痛みなどに医療用麻薬が幅広く使われています。元役員は慢性的な痛みを取るため、日常的にこの薬を使っていたわけです。処方された薬を父に送ってもらったといいます。

 日本でオキシコドンを処方できるのは、都道府県単位で登録した医師のみで、適応はがんの疼痛緩和に限られます。使用量の記録と管理も義務づけられていて、管理がとても厳しい。

 痛みをしっかり取ることが根づいている米国と、痛みよりも管理を重視する日本。疼痛治療への意識の違いが歴然です。日本は、医療用とはいえ、「麻薬」という言葉のイメージが使用にブレーキをかけているのかもしれません。

■日本での使用量はドイツの20分の1

2 / 3 ページ

中川恵一

1960年生まれ。東大医学部医学科卒業。同院緩和ケア診療部長を兼務。すべてのがんの診断と治療に精通するエキスパート。がん対策推進協議会委員も務めるほか、子供向けのがん教育にも力を入れる。「がんのひみつ」「切らずに治すがん治療」など著書多数。

関連記事