進化する糖尿病治療法

飲めば痩せられる糖尿病の治療薬は誰でも服用できるのか?

東京慈恵医科大学の坂本昌也准教授(C)日刊ゲンダイ

 実は、体重を低下させる作用のある薬がすでに登場しています。それは、糖尿病の治療薬である「GLP―1受容体作動薬」や「SGLT2阻害薬」です。GLP―1は“痩せるホルモン”ともいわれる消化管ホルモン。このホルモンを注射で投与すると、胃の運動を抑えて食事中に満腹感を得やすく、お腹がすきにくく、食事量を抑えられる働きがあります。また、SGLT2阻害薬は尿から糖を排出して血糖値を下げるのですが、それによって体重減少効果も得られるのです。

 いずれも糖尿病の治療薬ですから、「痩せたい」というだけでは服用できません。ただ、糖尿病の患者さんにとっては、「血糖低下プラスアルファ」の効果が得られるのですから、朗報ですよね。日本では別の糖尿病治療薬が広く使われていましたが、心臓や腎臓保護効果を有するというメリットがあり、今後はGLP―1受容体作動薬やSGLT2阻害薬が中心となっていくでしょう。

3 / 4 ページ

坂本昌也

専門は糖尿病治療と心血管内分泌学。1970年、東京都港区生まれ。東京慈恵会医科大学卒。東京大学、千葉大学で心臓の研究を経て、現在では糖尿病患者の予防医学の観点から臨床・基礎研究を続けている。日本糖尿病学会、日本高血圧学会、日本内分泌学会の専門医・指導医・評議員を務める。

関連記事