生活と健康 数字は語る

統計学の「有意水準5%」はどのように決められているのか

科学的なバッググラウンドはない(C)日刊ゲンダイ

 統計学的検定という客観的な方法について説明してきましたが、実は少し怪しいところもあります。一般に統計学的に有意な差かどうかを決める基準として、「有意水準5%未満」が用いられますが、この5%の基準はどのように決められているのでしょうか。5%、20回に1回未満の偶然の間違いは認めようというのですから、かなりアバウトな感じがします。厳しい基準なのか、緩い基準なのか、感じるところは人それぞれで、主観的な感じがあります。

 しかし、この主観的な感じというのは正しい感覚で、意外なことにこの5%という数字は伝統的に用いられてきたにすぎず、科学的なバックグラウンドがありません。主観的な基準と言っていいものです。最近では実際に5%という有意水準は緩すぎるので、1%にまで厳しくした方がいいという意見もあります。10年後には、統計学的な有意差は有意水準1%で判断されるようになっているかもしれません。

1 / 2 ページ

名郷直樹

「武蔵国分寺公園クリニック」院長、「CMECジャーナルクラブ」編集長。自治医大卒。東大薬学部非常勤講師、東大医学教育国際協力研究センター学外客員研究員。臨床研究適正評価教育機構理事。7月末に「検診や治療に疑問を感じている方! 医療の現実、教えますから広めてください!!」(ライフサイエンス出版)を出すなど著書多数。

関連記事