ニューヨークからお届けします。

原因不明の肺疾患 非正規の電子たばこカートリッジが関係?

写真はイメージ

 数週間前に電子たばこの安全性が疑問視されているとお伝えしたばかりですが、今回は米疾病対策センター(CDC)が異例の警告を発しました。

 その内容は、電子たばこ吸引に使用するカートリッジ、特にニコチンまたはカンナビス(マリフアナ)を含む非正規品を購入しないようにと呼びかけるもの。

 アメリカでは6月末以降、原因不明の肺疾患にかかる10代から20代の若者が多発し、8月末までに215人にのぼっています。多くが入院し人工呼吸器などを使っての治療が必要な重い症状だったとのことで、その中でイリノイ州の30歳の男性が死亡しました。死因はまだはっきり分かっていませんが、これらの患者の共通点は電子たばこを使用していたことだといいます。

 CDCによれば、これらの患者は咳、呼吸困難、胸の痛み、さらに吐き気や嘔吐、下痢、発熱などの症状が数日、場合によっては数週間続いたといいます。

1 / 2 ページ

シェリー めぐみ

横浜育ち。早稲田大学政経学部卒業後、1991年からニューヨーク在住。

関連記事