役に立つオモシロ医学論文

患者の半数は健康を脅かす重大な問題を医師に伝えていない

写真はイメージ(C)PIXTA

 医師の診察を受ける際、十分な患者情報が医療者に伝わらないと、適切なケアや支援を受けることができなくなってしまうことがあります。しかし、自身が抱えている重大な心身問題を、患者が医師へ積極的に提供しているかといえば、必ずしもそうではないかもしれません。

 そんな中、医師に対して健康を脅かす重大な問題を伝えていない人が、どの程度の割合で存在するのかを調査した論文が、米国医師会が発行しているオープンアクセスジャーナルの電子版に8月14日付で掲載されました。

 この研究では、18~79歳の米国人2011人(平均35・7歳、女性60・3%)が登録されたデータベース(①)と、50~91歳の米国人2499人(平均61歳、女性51%)が登録されたデータベース(②)を解析しています。研究対象者は、うつ病症状、自殺念慮、性的暴行、配偶者暴力(DV)について、積極的に医師に伝えているかどうかが調査されました。

1 / 2 ページ

青島周一

2004年城西大学薬学部卒。保険薬局勤務を経て12年9月より中野病院(栃木県栃木市)に勤務。“薬剤師によるEBM(科学的エビデンスに基づく医療)スタイル診療支援”の確立を目指し、その実践記録を自身のブログ「薬剤師の地域医療日誌」などに書き留めている。

関連記事