上皇の執刀医「心臓病はここまで治せる」

長期にわたる冠動脈起始異常の研究は突然死の防止に役立つ

順天堂大学心臓血管外科の天野篤教授(C)日刊ゲンダイ

 若い世代の突然死には「冠動脈起始異常」が関係しているケースが少なくない――。前回のお話を続けます。冠動脈が本来の場所とは違うところから出ている先天性奇形で、血流が急に途絶して再灌流障害を起こし、致死性不整脈を招きます。これまでは、それほど注目されていませんでしたが、検査機器の進歩によって心臓や血管を細かくチェックできるようになったことで、クローズアップされ始めた心臓疾患といえます。

 現在、順天堂医院でも詳細な研究を進めている真っ最中です。かつての検査機器は精度がいまほど高くなかったため、心臓の検査をしても「形態的な異常はない」とスルーされていたケースがありました。それが、冠動脈CTという画像診断機器が進歩したことで、心臓や血管を立体的に確認できるだけでなく、断層で見たときに冠動脈の位置がズレていないかどうかといった角度からも細かくチェックできるようになりました。

1 / 4 ページ

天野篤

1955年、埼玉県蓮田市生まれ。日本大学医学部卒業後、亀田総合病院(千葉県鴨川市)や新東京病院(千葉県松戸市)などで数多くの手術症例を重ね、02年に現職に就任。これまでに執刀した手術は6500例を超え、98%以上の成功率を収めている。12年2月、東京大学と順天堂大の合同チームで天皇陛下の冠動脈バイパス手術を執刀した。

関連記事