市販薬との正しい付き合い方

耳鳴りや難聴の治療では漢方が「主役」として使用される

写真はイメージ

 夏のうだるような暑さから一転して、朝夕が涼しい季節になりました。季節の変わり目は何かと体調を崩しやすいものです。たとえば、これまで紹介してきた漢方と関連が強い症状として、疲労感、冷え症、便秘、肌トラブル、アレルギーなどが挙げられますし、更年期障害など婦人科トラブルも悪化しやすい季節ともいえます。

 ほかにも、漢方が治療に用いられる症状のひとつに「耳鳴り・難聴」が挙げられます。耳鳴りや難聴は、加齢とともに起きることもありますし、季節の変わり目やストレスによって発症するケースもあります。

 加齢に伴う難聴は一般的には高音域が聞こえづらくなります。耳鳴り患者の9割以上に聴力低下(難聴)が認められるとも報告されています。中耳炎などの明らかな原因によって、耳鳴りや聴力低下が起きている場合もあるので、違和感があった場合、まずは病院に行って検査することをおすすめします。

1 / 2 ページ

神崎浩孝

1980年、岡山県生まれ。岡山県立岡山一宮高校、岡山大学薬学部、岡山大学大学院医歯薬学総合研究科卒。米ロサンゼルスの「Cedars-Sinai Medical Center」勤務を経て、2013年に岡山大学病院薬剤部に着任。患者の気持ちに寄り添う医療、根拠に基づく医療の推進に臨床と研究の両面からアプローチしている。

関連記事