医者も知らない医学の新常識

カロリーはほとんどないのに人工甘味料で動脈硬化が進む?

写真はイメージ(C)日刊ゲンダイ

「砂糖やブドウ糖などの糖分を多く含むソフトドリンクが健康に悪い」という話は皆さんも最近お聞きになることが多いと思います。イギリスでは砂糖を減らすために、「砂糖税」という税金まで導入されています。

 糖分を多く含むソフトドリンクは、飲んだ後で血糖値が上昇しやすく、カロリーの摂取量も増えるので、肥満や糖尿病の原因となります。それで、最近では甘いけれどもカロリーがほとんどない「人工甘味料」を砂糖の代わりに含むソフトドリンクが、多く流通しています。

 それでは、人工甘味料を含むソフトドリンクには、健康への悪影響はないのでしょうか? その点はまだはっきりと分かっていません。カロリーがないので血糖や体重への影響はないはずですが、体は甘いという認識をしてインスリンが出るので、それが食欲を増して結果として肥満の原因になる、というような意見もあります。

1 / 2 ページ

石原藤樹

信州大学医学部医学会大学院卒。同大学医学部老年内科(内分泌内科)助手を経て、心療内科、小児科研修を経て、1998年より「六号通り診療所」所長を務めた。日本プライマリ・ケア学会会員。日本医師会認定産業医・同認定スポーツ医。糖尿病協会療養指導医。

関連記事