上皇の執刀医「心臓病はここまで治せる」

自分にとっての新たな挑戦「ミックス」に取り組んでいる

順天堂大学医学部付属順天堂医院心臓血管外科の天野篤教授(C)日刊ゲンダイ

 自分にとっては新たな取り組みですから、もちろんイチから勉強し直しました。3月いっぱいで任期を終えて院長を退任し、自分の時間が増えたので、朝起きてからミックスを解説したビデオ映像を繰り返し見たり、文献も読み込みました。実際に施術するまでに練習も重ねました。

 とはいえ、これまで積み上げてきた手術経験のベースがあるので、まったくの未知な世界を手探りで進んだ……というわけではありません。ポイントさえつかめば、それほど難しいものではないといえます。いまはだいたい1週間に1回はミックスを行っていて、1日に2回実施したこともあります。

 ミックスを実際に行ってみると、やはり視野が狭いため術者には余計なストレスがかかります。従来の手術なら自分の手で触れて操作できる処置が、切開の範囲が小さいことで手を入れることができないため、遠隔操作のような形で進めなければなりません。それでも、患者さんのプラスになるわけですから、これからも積極的に取り組んでいきます。

2 / 3 ページ

天野篤

天野篤

1955年、埼玉県蓮田市生まれ。日本大学医学部卒業後、亀田総合病院(千葉県鴨川市)や新東京病院(千葉県松戸市)などで数多くの手術症例を重ね、02年に現職に就任。これまでに執刀した手術は6500例を超え、98%以上の成功率を収めている。12年2月、東京大学と順天堂大の合同チームで天皇陛下の冠動脈バイパス手術を執刀した。近著に「天職」(プレジデント社)、「100年を生きる 心臓との付き合い方」(講談社ビーシー)、「若さは心臓から築く 新型コロナ時代の100年人生の迎え方」(講談社ビーシー)がある。

関連記事