Dr.中川のみんなで越えるがんの壁

末期がんで激痩せには要因3つ 悪液質を避ける肉・魚と運動

仕事場は本に囲まれていた(高須基仁さん、2018年8月撮影)/(C)日刊ゲンダイ

 がんが進行して激痩せするのは、いくつか理由があります。第1は、栄養源のブドウ糖の消費量です。がん細胞は、増殖のため大量のブドウ糖を消費します。本来は正常細胞を養う分も横取りするため、患者の体は痩せるのです。

 第2は炎症で、がん細胞は炎症を引き起こす物質サイトカインを分泌する一方、免疫細胞ががん細胞を攻撃する際にも炎症が発生。これらによって末期がんになると、熱を出しやすい。腫瘍熱と呼ばれます。慢性的な炎症はエネルギー消費をさらに高めるため、体がより痩せやすくなるのです。

 第3は、タンパク質を分解する性質で、がん細胞はタンパク分解因子を分泌して、筋肉のタンパク質をアミノ酸やブドウ糖に分解。それらを取り込んで、自分の栄養にします。がんが進行すると、見た目にも肉体的にも痩せ細るのです。

■腸は人体最大の免疫装置

2 / 3 ページ

中川恵一

中川恵一

1960年生まれ。東大医学部医学科卒業。同院緩和ケア診療部長を兼務。すべてのがんの診断と治療に精通するエキスパート。がん対策推進協議会委員も務めるほか、子供向けのがん教育にも力を入れる。「がんのひみつ」「切らずに治すがん治療」など著書多数。

関連記事