生活と健康 数字は語る

統計額の「危険率」の小ささは研究規模に大きく左右される

写真はイメージ(C)日刊ゲンダイ

 なぜこんなことが起こるのでしょう。これは研究の規模が関係しています。国民健康・栄養調査は約3000人の対象で喫煙率を調査しています。これに対して100倍の30万人で調査すると、喫煙率の減少が3%と小さくても、危険率は研究規模が30万人と大きいために、さらに小さい値になります。

 危険率の小ささは、実際の差の大きさではなく、研究規模に大きく左右されます。つまり、研究規模をどんどん大きくしていけば喫煙率が1%減少しただけでも統計学的に有意な減少と言えるわけです。このことは検定統計で判断するときに最も重要なポイントの一つです。

2 / 2 ページ

名郷直樹

名郷直樹

「武蔵国分寺公園クリニック」院長、「CMECジャーナルクラブ」編集長。自治医大卒。東大薬学部非常勤講師、東大医学教育国際協力研究センター学外客員研究員。臨床研究適正評価教育機構理事。著書に「検診や治療に疑問を感じている方! 医療の現実、教えますから広めてください!!」(ライフサイエンス出版)、「逆説の長寿力21ヵ条 ―幸せな最期の迎え方」(さくら舎)ほか。

関連記事