更年期を知って夫婦円満

ママは風邪を引かない超人…と子どもたちは思っているけど

写真はイメージ(C)日刊ゲンダイ

 先日、育ち盛りの子どもが3人いる同級生(49)と会う機会があり、更年期について話を聞きました。

 彼女はとても元気で忙しくしていて、「体調に悪いところがない」と言います。婦人科検診を受けているかたずねると、検診は一度も受けたことがないとのこと。

 彼女の職場は同年代の女性が多く、子宮筋腫など婦人科系の病気で悩む人もいるせいか、閉経や婦人科系疾患には少々詳しい。でも、同僚の病気は他人事のような印象でした。これは彼女に限らずよく聞く話で、出産以来婦人科に行ったことがない女性は少なくありません。

 子育てを終えた別の同年代の女性にも話を聞きました。「子育てをしている時は調子が悪くても薬を飲んで家事をした」「子どもが風邪やインフルエンザにかかるとすぐに病院に連れて行ったが自分の風邪は市販薬で乗り切っていた」といった具合。多少の熱があっても薬を飲んで仕事に行く働き盛りの男性にも同じことが言えるのではないでしょうか。夫婦ともに、子育て中は自分が頑張らなければ子どもたちが困ると、自分のことを二の次にして無理をしてきた世代です。

1 / 2 ページ

小林ひろみ

メノポーズカウンセラー。NPO法人更年期と加齢のヘルスケア会員。潤滑ゼリーの輸入販売会社経営の傍ら、更年期に多い性交痛などの相談に乗る。

関連記事