ニューヨークからお届けします。

SNS上の地球温暖化ニュースで不安神経症の若者が増えている

ニューヨークのデモに参加するグレタ・トゥーンベリさん(C)ロイター

 特に子供や若者に目立つのは、彼らがまだ若く繊細であるというだけでなく、スマホなどを介して常にネット上に“いる”からで、大人世代とは比較にならないほどの膨大な量の情報にアクセスしているためと考えられています。昨年、たった一人で高校ストライキを始めたグレタさん自身も、「一時は温暖化に対する不安のためにうつになったことがある」とコメントしています。

 具体的にどのくらいの数の子供たちが「エコ不安神経症」なのか、数字はまだ存在しませんが、イギリスのテレグラフ紙では、セラピストにかかる10代が増えているという報告もしています。

2 / 2 ページ

シェリー めぐみ

シェリー めぐみ

横浜育ち。早稲田大学政経学部卒業後、1991年からニューヨーク在住。

関連記事