上皇の執刀医「心臓病はここまで治せる」

元祖「神の手」先輩医師との出会いが新たな挑戦へ駆り立てた

順天堂大学医学部心臓血管外科の天野篤教授(C)日刊ゲンダイ

 また、自分が新たな挑戦に取り組むことは、自分の部下にあたる後輩医師たちをさらに成長させるために必要だという考えもあります。教授という立場の私がこれまでと同じやり方を続けて結果を出していれば、後輩たちは「これでいいんだな」と思ってしまいます。

 それではさらなる成長は見込めませんし、いずれジリ貧になってしまうでしょう。

 しかし、上長である私が新しいものに挑戦する姿勢を見せれば、後輩たちは「自分たちも常に新しい挑戦に取り組まなければいけないんだ」という意識を持ちます。昔からよく言われますが、後輩は先輩の背中を見て育つのです。

■後輩に任せる部分を作ることも大事

 ほかに後進育成のために心がけているのは、「責任を振り分ける」ということです。私は50歳くらいの頃までは、自分ですべてを背負い込んでいました。

3 / 5 ページ

天野篤

天野篤

1955年、埼玉県蓮田市生まれ。日本大学医学部卒業後、亀田総合病院(千葉県鴨川市)や新東京病院(千葉県松戸市)などで数多くの手術症例を重ね、02年に現職に就任。これまでに執刀した手術は6500例を超え、98%以上の成功率を収めている。12年2月、東京大学と順天堂大の合同チームで天皇陛下の冠動脈バイパス手術を執刀した。近著に「天職」(プレジデント社)、「100年を生きる 心臓との付き合い方」(講談社ビーシー)、「若さは心臓から築く 新型コロナ時代の100年人生の迎え方」(講談社ビーシー)がある。

関連記事