Dr.中川のみんなで越えるがんの壁

がん治療と仕事の両立「難しい」が6割 “手術偏重”の実態が

悩まなくても解決できる(C)日刊ゲンダイ

 がんになると、仕事と治療の両立が難しい。そう思われている方は少なくないでしょう。がん対策に関する内閣府の世論調査によると、がんの治療を受けながら働き続けるのは難しいと回答した人が57%に上ります。3年前の調査より、7ポイント下がったものの、依然として高い水準でしょう。

 調査は、がんの治療や検査のため2週間に1回程度通院の必要があるとして、働き続けられるかどうか質問。「そう思わない」「どちらかといえばそう思わない」が57%を占めています。

 一番の理由が「体力的に困難」(24%)でしたが、「代わりに仕事をする人がいない、いても頼みにくい」(21%)、「職場が休むことを許してくれるか分からない」(19%)と職場との調整の難しさもネックになっているようです。

 職場調整を困難にさせる要因として、診断後の“手術第一主義”が影響している可能性は大いにあるでしょう。東大病院は昨年6月、バリアン・メディカル・システムズと共同で「放射線治療とセカンドオピニオンに関する意識調査」を実施。対象は、がんの診断を受け、診断時期を覚えている1032人です。

1 / 3 ページ

中川恵一

1960年生まれ。東大医学部医学科卒業。同院緩和ケア診療部長を兼務。すべてのがんの診断と治療に精通するエキスパート。がん対策推進協議会委員も務めるほか、子供向けのがん教育にも力を入れる。「がんのひみつ」「切らずに治すがん治療」など著書多数。

関連記事