専門医が教える パンツの中の秘密

思春期の子供は診察料を惜しんで性病をいくつもためこむ

写真はイメージ(C)日刊ゲンダイ

 性感染症専門医として約40年、患者さんの診療にあたってきました。その中には多くはありませんが、子供の患者さんもいました。

 もう昔の話になりますが、父親が中学1年生(13歳)の息子さんを連れてきたことがありました。そのお父さんは診察室に入るなり、「先生、診てくれよ。こんな病気、俺でもなったことないのに、うちのガキがこんなになっちゃって。治してくださいよ」と、かなり興奮した様子でまくし立てるので、何事かとビックリしました。

 息子さんのムスコを診察すると、尿道口から黄色い膿(うみ)が出ていました。オシッコのし始めに痛みがあるという。典型的な「淋菌性尿道炎(淋病)」の症状です。抗生物質を1回注射すれば、すぐ治るので問題はありません。

 それにしても性感染症の問診は「いつ」「どこで」「誰と(感染源)」「どんな性行動をしたか」「いつから、どんな症状が出たか」を聴取するのが基本です。しかし、毛もチョロチョロしか生えていない子供ですから詳しく話せるわけもありません。目の前には父親もいます。本当かウソか分かりませんが、相手の女性は通っていた塾の若い先生だったようでした。

1 / 2 ページ

関連記事