上皇の執刀医「心臓病はここまで治せる」

ベトナムであらためて感じた日本の医療と制度の素晴らしさ

順天堂大学医学部心臓血管外科の天野篤教授(C)日刊ゲンダイ

 ベトナムのような社会主義の国家は、「都市部で暮らしていようが地方で生活していようが、国民は等しく同じレベルの医療を受ける権利がある」というのが本来の考え方です。しかし、実際は日本の方がそれに近い。よく「日本の国民皆保険制度は社会主義的だ」と言われますが、今回のベトナム訪問で、それも納得させられる部分がありました。

 ベトナムだけでなく、中国、インドといったアジア諸国の医療をこれまで実際に目にしてきました。そのたびに日本の医療と国民皆保険制度の素晴らしさを再認識し、世界に誇れるものだと感じさせられます。

4 / 4 ページ

天野篤

天野篤

1955年、埼玉県蓮田市生まれ。日本大学医学部卒業後、亀田総合病院(千葉県鴨川市)や新東京病院(千葉県松戸市)などで数多くの手術症例を重ね、02年に現職に就任。これまでに執刀した手術は6500例を超え、98%以上の成功率を収めている。12年2月、東京大学と順天堂大の合同チームで天皇陛下の冠動脈バイパス手術を執刀した。近著に「100年を生きる 心臓との付き合い方」(講談社ビーシー)、「若さは心臓から築く 新型コロナ時代の100年人生の迎え方」(講談社ビーシー)がある。

関連記事