歯の疑問 ずばり解決!

認知症患者の歯科治療はできる時だけ少しずつ進めていく

訪問歯科診察もある

【Q】94歳の母親が軽い認知症だと診断されました。歯医者さんで診察は受けてくれますか?

【A】もちろん受けられます。認知症は誰にでも発症する可能性のある身近なもので、特別な病気ではありません。僕の診療所に来られる患者さんの中にも何人かいらっしゃいますが、ミーティングでスタッフ全員に伝えて対応策を共有しています。

 2015年に国は「認知症施策推進総合戦略」(新オレンジプラン)を発表し、認知症の人の意思が尊重され、できる限り自分らしく暮らし続けることができる社会の実現を掲げました。その中で、かかりつけ歯科医は来院患者の認知症の特徴に気づいて対応し、歯科治療を行うとともに家族を気遣い、支え、地域で見守るための連携体制を構築することが求められています。

 認知症の患者さんは基本的に感情の起伏が大きく、調子が悪いときは診療所全体に響くぐらい「ひいいいい、痛いーーー」と大きな声を出されたりします。

1 / 2 ページ

関連記事