愉快な“病人”たち

超早期で見つけてもらえて…魔夜峰央さん食道がんを語る

魔夜峰央さん(C)日刊ゲンダイ

 手術では食道のどのあたりかよくわかりませんが、表面の組織をちょうど500円玉1回り大ぐらいの大きさで薄く切り取りました。手術後は痛くて声が出せませんでしたが、15日に退院して18日にはNHKの昼の生放送の情報番組「ごごナマ」に出演しました。声は前日まで出なかったのに、本番当日に出るようになって。本番に強い(笑い)。

 ほかには、食事のときのみ込めなくて吐き出したことも何回かありました。でも、それも1カ月ぐらいでなくなりました。7月1日に聞いた手術後の検査結果で、「がんは全部取れました。大丈夫、完治です」と言われ、ひと安心です。

 食道がんは、お酒、たばこ、加齢、ストレスが原因らしいですが、お酒は当初の3週間は禁酒して、今は週1~2回、外で食事するときだけは飲んでいます。自宅では飲みません。たばこは1日5~6本。お酒、たばこをやめたら絶対にがんにならないわけではないし、楽しみをすべてやめたら、かえってストレスになりますよ。

2 / 5 ページ

関連記事