役に立つオモシロ医学論文

バランスの良い食事は高齢者の心身の衰えを予防するのか

バランスよく食べることを意識して

 年齢、性別、喫煙・飲酒習慣、糖尿病・高血圧の病歴などの因子について、統計的に補正して解析した結果、フレイル状態にある人は、バランスの良い食事を「毎日」摂取している人と比較して、「週に2回以下、もしくは3回」摂取している人で1・8倍、統計学的にも有意に多いという結果でした。

 もちろん、食事バランスに配慮することができるような人は、もともと心身ともに健康である可能性は高いので、本研究結果から、食事によってフレイルを予防できると結論することは難しいでしょう。

 とはいえ、加齢に伴う心身の衰えを少しでも予防したいとお考えの方は、主食、主菜、副菜をバランス良く食べることを意識してみるのもいいように思います。

2 / 2 ページ

青島周一

2004年城西大学薬学部卒。保険薬局勤務を経て12年9月より中野病院(栃木県栃木市)に勤務。“薬剤師によるEBM(科学的エビデンスに基づく医療)スタイル診療支援”の確立を目指し、その実践記録を自身のブログ「薬剤師の地域医療日誌」などに書き留めている。

関連記事