Dr.中川のみんなで越えるがんの壁

E・ジョンは失禁を告白 前立腺がんの手術後はオムツ生活に

前立腺がんの全摘手術を受けていたことを告白したエルトン・ジョン (C)Geisler-Fotopress/DPA/共同通信イメージズ

 驚いた方も多いでしょう。英国の人気歌手エルトン・ジョン(72)が2年ほど前に前立腺がんの全摘手術を受けていたと報じられました。幸い早期で完治しているようですが、手術10日後には、手術の合併症の尿漏れ対策で、大人用オムツをはいて米ラスベガスのステージへ上がり、演奏中に失禁していたと明かしているのです。

 詳細は現地で販売された自伝「ME」に告白したものを英紙が伝えています。「これまでステージでいくつものばかげたものを身につけたが、大きなオムツをつけたことはなかった」と記述しているそうで、ショックな様子がうかがえます。私も膀胱がんの内視鏡手術後に尿漏れ対策でオムツをあてましたが、プライドに傷がつきました。

 予測値では、前立腺がんの罹患数が2020年に10万人を超え、男性のトップになるとみられています。

 英国のカリスマのようなケースは他人事ではないだけに、今回は前立腺がんの手術による合併症について説明しましょう。

1 / 3 ページ

中川恵一

1960年生まれ。東大医学部医学科卒業。同院緩和ケア診療部長を兼務。すべてのがんの診断と治療に精通するエキスパート。がん対策推進協議会委員も務めるほか、子供向けのがん教育にも力を入れる。「がんのひみつ」「切らずに治すがん治療」など著書多数。

関連記事