愉快な“病人”たち

まさに地獄の痛み…鈴木麻由さん語る群発頭痛との壮絶闘病

鈴木麻由さん(C)日刊ゲンダイ

 2013年の12月末、深夜3時ごろに頭が割れるように痛くなりました。それまでの人生で経験をしたことのない痛さです。頭と顔の右半分が激しく痛み、動くことができない……目の奥が痛いので、目を取ってしまいたいくらいでした。

 30分くらい激痛に襲われてから痛みが少し治まり、でも、また同じ痛みに襲われる波の繰り返し。痛みが和らいだタイミングで常備している痛み止めを大量に服用したのですが、効果はまったくありませんでした。

 右半分の痛みだったこともあり、脳に関する重篤な病気も心配になって朝いちばんで開業医のもとへ行きました。そこで「検査のできる病院に」と紹介状を出され、そのまま違う病院でMRIなどの検査を受けました。その時点でまだ痛みは続いている状態で、MRIの音が頭に響いて、うめき、泣きながら検査をしたことを覚えています。

 ただ、あんなに痛かったのに結果は「特に問題なし」。とりあえず鎮静剤を処方されましたが、症状は改善されませんでした。

1 / 5 ページ

関連記事