上皇の執刀医「心臓病はここまで治せる」

糖尿病の薬が心不全の治療にも使われるかもしれない

順天堂大学医学部心臓血管外科の天野篤教授(C)日刊ゲンダイ

 また、SGLT2阻害薬には利尿作用があり、糖とともに水分も排泄されて尿の量が増えます。心不全の治療では体内の余分な水分を取り除くために利尿剤が使われるので、同様の効果があるといえるでしょう。他にも、余分な糖の排出によって生じる体重の減少も心臓の負担を減らしますし、酸化ストレス低下作用も心臓や血管にプラスに働きます。こうした作用が総合的に関与して心不全の改善につながっていると考えられます。さらに、SGLT2の腎臓に対する効果も心不全のコントロールと関係していると思われます。血糖値が高い心不全の患者さんは、高血圧も持っているケースが多く見られます。この場合、腎臓の機能はどんどん悪化していくリスクが非常に高くなります。腎臓には血液を濾過する機構「ネフロン」が100万個以上あり、血圧が高い状態が続くとネフロンが障害されて減少し、腎臓の構造そのものが衰えます。腎機能が悪化すれば、薬の代謝も低下して血圧のコントロールが難しくなり、動脈硬化やさまざまな心臓疾患を招きます。

2 / 4 ページ

天野篤

天野篤

1955年、埼玉県蓮田市生まれ。日本大学医学部卒業後、亀田総合病院(千葉県鴨川市)や新東京病院(千葉県松戸市)などで数多くの手術症例を重ね、02年に現職に就任。これまでに執刀した手術は6500例を超え、98%以上の成功率を収めている。12年2月、東京大学と順天堂大の合同チームで天皇陛下の冠動脈バイパス手術を執刀した。近著に「100年を生きる 心臓との付き合い方」(講談社ビーシー)、「若さは心臓から築く 新型コロナ時代の100年人生の迎え方」(講談社ビーシー)がある。

関連記事