上皇の執刀医「心臓病はここまで治せる」

糖尿病の薬が心不全の治療にも使われるかもしれない

順天堂大学医学部心臓血管外科の天野篤教授(C)日刊ゲンダイ

 しかし、実施された大規模臨床試験でははっきりした心血管イベントの抑制は認められませんでした。つまり、さまざまな製薬会社が心不全をターゲットにしてエビデンスをつくりたがっているのです。

 もちろん、SGLT2阻害薬が明らかに心不全に有効であれば喜ばしいことです。さらなる大規模試験の結果を待って、もっとエビデンスが蓄積されることを期待しています。

4 / 4 ページ

天野篤

天野篤

1955年、埼玉県蓮田市生まれ。日本大学医学部卒業後、亀田総合病院(千葉県鴨川市)や新東京病院(千葉県松戸市)などで数多くの手術症例を重ね、02年に現職に就任。これまでに執刀した手術は6500例を超え、98%以上の成功率を収めている。12年2月、東京大学と順天堂大の合同チームで天皇陛下の冠動脈バイパス手術を執刀した。近著に「100年を生きる 心臓との付き合い方」(講談社ビーシー)、「若さは心臓から築く 新型コロナ時代の100年人生の迎え方」(講談社ビーシー)がある。

関連記事