医療情報の正しい読み方

その情報は「論理」なのか「事実」なのか…それがまず重要

写真はイメージ

 情報を吟味する際にまず重要なことは、それが理論なのか、事実なのかという視点です。

 例えば体内の酸素利用過程で生じる活性酸素は、がんや老化と関連しています。

 その活性酸素による酸化過程をブロックすれば、がんや老化を防ぐことができるかもしれません。

 ビタミンAやビタミンEは抗酸化作用を持つため、活性酸素による酸化を抑え、がんや老化の予防に役立つ可能性があります。こうした話を聞くと、多くの人はビタミンAやビタミンEをたくさん取るといいのだと思うかもしれません。しかし、これは単なる論理です。つまり、「ビタミンAやEを取ると老化やがんが予防できる」というのは論理に基づく仮説にすぎないのです。

 しかし、現実にはこうした仮説があたかも事実のように世に流れます。公益財団法人長寿科学振興財団が提供する「健康長寿ネット」という、いかにも信用できそうなウェブサイトがありますが、そこ(編集部注=「抗酸化による老化防止の効果」更新日:2019年2月1日18時01分)には以下のような記述があります。

1 / 2 ページ

名郷直樹

名郷直樹

「武蔵国分寺公園クリニック」院長、「CMECジャーナルクラブ」編集長。自治医大卒。東大薬学部非常勤講師、東大医学教育国際協力研究センター学外客員研究員。臨床研究適正評価教育機構理事。著書に「検診や治療に疑問を感じている方! 医療の現実、教えますから広めてください!!」(ライフサイエンス出版)、「逆説の長寿力21ヵ条 ―幸せな最期の迎え方」(さくら舎)ほか。

関連記事