愉快な“病人”たち

重病説まで流れて…たかまつななさんが語る虫垂炎性腹膜炎

たかまつななさん(C)日刊ゲンダイ

 病名が確定しない間は重病説が流れたりしましたけど、当の私はネットで1日3~4本、映画や地方ドラマを見る毎日。入院が長くなると、入院経験のある先輩が連絡をくださったり、「これ面白いよ」と映画リストを送ってくれる方もいて、とてもうれしかった。

■仕事と命を天秤にかけたら、やっぱり命

 人生で初めてといっていいくらいゆっくりした時間の中で、自分の価値観を考えられた時期でもありました。それまでは、睡眠時間はいつも3~4時間でスキマ時間でも仕事をするくらいでしたから、病院で何もしない一日を過ごして夜10時に消灯されてもまったく眠れないんですよね。

 感じたことは、自分がいなくても会社や世界は回っているという疎外感……社会から断絶されたような寂しさでした。でも同時に「ちょっと足を止めてもいいんだな」と、今まで人にあれこれ任せられなかった自分を振り返りました。

3 / 5 ページ

関連記事