ドクターXが見分ける いい医者いい病院

標準治療より優れている?先進医療は最善の治療法なのか

写真はイメージ(C)日刊ゲンダイ

「標準治療」という言葉を一度は聞いたことがあるだろう。“標準”という語感から「松竹梅で言えば、中間の竹かな?」と誤解している人が多いかもしれない。「先進医療」についても同じ勘違いが広まっている。

 ――「標準治療」は庶民のための治療であって、政治家やお金持ちはその上の治療を受けられると誤解している人は多い。標準治療の本来の意味とは「科学的根拠に基づき、現在利用できる最良の治療」のこと。呼び方が悪いかもしれないが、一方でがん保険のCMなどでよく聞く「先進医療」は、どことなく病気も早く治るようなイメージがあります。

「先進医療というと、時代の最先端だから今まで治せなかったものが治る、と思っていらっしゃる患者さんは多いですね。先進医療は効果や副作用などを調べる臨床試験で実績が積まれ、それまでの標準治療より優れていることが証明されれば、新たな保険診療の『標準治療』となります。もちろん、ある程度の効果が認められるからこそ厚生労働省に承認され、保険診療との併用も認められて患者さんに使われているのですが、一部には実験的な要素も含まれています」

1 / 3 ページ

関連記事