上皇の執刀医「心臓病はここまで治せる」

患者が口にする「今さら薬を飲んでも遅すぎる」は勘違い

順天堂大学医学部心臓血管外科の天野篤教授(C)日刊ゲンダイ

 前回も少しだけ触れましたが、今の製薬会社にとって最大のターゲットになっているのが「心不全」です。高齢化が進んで今後さらに患者が増えるのは間違いないため、心不全に有効な薬は大きな需要が見込めます。しかも、製薬会社の狙いは「すでに他の病気の治療に使われている薬が心不全にも有効である」というパターンです。近年は、糖尿病治療薬の適応拡大を目指し、心不全に対する有効性を証明するための大規模試験が盛んに行われています。

 このような「既存の薬を他の病気にも使えるようにする」パターンは、製薬会社の多くが目指しているところです。新たに薬を開発するには莫大な費用と時間がかかりますし、以前に開発した薬は年数がたてばたつほど薬価が下がってくるため、他の病気にも使えるようになれば“リバイバル”という形で新たにヒットを狙えるからです。

 中には、そうした既存の薬が持っている副作用を逆手に取り、本来使われていた病気とは別の病気や症状に使えるようにするパターンもあります。

1 / 4 ページ

天野篤

1955年、埼玉県蓮田市生まれ。日本大学医学部卒業後、亀田総合病院(千葉県鴨川市)や新東京病院(千葉県松戸市)などで数多くの手術症例を重ね、02年に現職に就任。これまでに執刀した手術は6500例を超え、98%以上の成功率を収めている。12年2月、東京大学と順天堂大の合同チームで天皇陛下の冠動脈バイパス手術を執刀した。

関連記事