Dr.中川のみんなで越えるがんの壁

八千草薫さんは肝臓にも すい臓腫瘍IPMNはMRIで早期発見

女優の八千草薫さん(C)日刊ゲンダイ

 IPMNのもうひとつの特徴として、ほかの臓器のがんを合併しやすいといわれます。否定する報告もあり、議論の決着はついていませんが、経過観察するときは、MRIなどで膵臓以外の臓器もしっかりフォローすることが大切です。

 八千草さんの膵臓がんが、通常の膵臓がんなのか、IPMNによる膵臓がんかは分かりませんが、今年になって肝臓にもがんが見つかっているのは気になります。

 人間ドックなどの腹部エコー検査で膵嚢胞が見つかったら要注意です。

3 / 3 ページ

中川恵一

1960年生まれ。東大医学部医学科卒業。同院緩和ケア診療部長を兼務。すべてのがんの診断と治療に精通するエキスパート。がん対策推進協議会委員も務めるほか、子供向けのがん教育にも力を入れる。「がんのひみつ」「切らずに治すがん治療」など著書多数。

関連記事