がんと向き合い生きていく

80歳の男性患者は孫からの“宿題”で生きる元気を取り戻した

佐々木常雄氏(C)日刊ゲンダイ

「この年じゃ先がないし、希望なんてなんにもないんですよ。いつ死んでもいいけど、生きる意味ってなんですかね?」

 いつもPさんはたくさん話されます。この日も、調子が悪いと言いながらおしゃべりが続きました。

「普段は買い物に行くくらいで、外にはあまり出ません。テレビばっかり見ているけど、政治のことでは腹が立つし、またコマーシャルが嫌でね。最近のお笑いは品がないね。男が裸になって、頭叩いて笑ってる。客も一緒に笑っているけど、あれで芸人ですかね? (柳家)金語楼の時代の落語や漫才を見せてやりたいですよ」

「胃の検査? いいよ、やらなくていい。いつ死んでもいいんですよ。本当、絶対に嫌です。がんがあっても、進んで死んでも、先生のせいにはしないよ」

「先生は『生きていたらいいことある』って言うけど、ないよ、先生! いいことなんてない。娘に老人会の集まりに行けと言われるけど、いまさら行っても知り合いはいないし、ひとり暮らしでいいんですよ。世の中に役に立つわけでもないし、私が生きている意味なんてないんだ。けど、先生に助けてもらったし、こうして外来にまた来ますよ」

2 / 4 ページ

佐々木常雄

東京都立駒込病院名誉院長。専門はがん化学療法・腫瘍内科学。1945年、山形県天童市生まれ。弘前大学医学部卒。青森県立中央病院から国立がんセンター(当時)を経て、75年から都立駒込病院化学療法科に勤務。08年から12年まで同院長。がん専門医として、2万人以上に抗がん剤治療を行い、2000人以上の最期をみとってきた。日本癌治療学会名誉会員、日本胃癌学会特別会員、癌と化学療法編集顧問などを務める。

関連記事