ガイドライン変遷と「がん治療」

胃がん<4>なぜ放射線治療の記述が見当たらないのか?

腺がんは効果が薄い!?(C)日刊ゲンダイ

 がん手術が終わると、抗がん剤や放射線が待っています。手術では肉眼や術中の病理診断で確認できる限りの腫瘍を切り取りますが、それでも再発や転移が起こることがよくあります。そこで予防的に術後の抗がん剤や放射線を行うのです。肺がん、乳がんなど多くのがんで、2つを組み合わせた「化学放射線療法」が標準治療のひとつとして組み込まれています。

 胃がんでも同様でしょうか。

 ところが過去から現在の治療ガイドラインをつぶさに眺めてみても、放射線は出てきません。術後の抗がん剤は標準治療に入っているのに、放射線は一切入っていないのです。

 それは、放射線が胃がんにほとんど効かないからです。胃だけでなく十二指腸や大腸でも、放射線が使われることはありません。

 しかし、胃の真上の食道がんには使われます。食道がんのガイドラインによれば、ごく早期で、かつ内視鏡で切除するには大きすぎる場合、選択肢のひとつとして放射線が挙がっています。ステージⅠ以上では手術が第一選択ですが、追加で化学放射線療法が選択肢に入っています。

1 / 2 ページ

永田宏

筑波大理工学研究科修士課程修了。オリンパス光学工業、KDDI研究所、タケダライフサイエンスリサーチセンター客員研究員、鈴鹿医療科学大学医用工学部教授を歴任。オープンデータを利用して、医療介護政策の分析や、医療資源の分布等に関する研究、国民の消費動向からみた健康と疾病予防の解析などを行っている。「血液型 で分かるなりやすい病気なりにくい病気」など著書多数。

関連記事