上皇の執刀医「心臓病はここまで治せる」

iPS細胞を使った重症心不全治療の臨床試験に期待している

順天堂大学医学部心臓血管外科の天野篤教授(C)日刊ゲンダイ

 ただ、予想される課題があるのも事実で、そのひとつが「腫瘍化」です。iPS細胞は未分化細胞なので、心筋だけでなく他の臓器や骨、皮膚、髪の毛などさまざまな組織に分化します。ですから、心臓の中に余計なものができてしまう可能性があるのです。

 とはいえ、iPS細胞をよりピュアにして腫瘍化が起こらないように安全性を確かめたうえでシートを作る技術がかなり進化しています。今回の治験も安全性が担保されているからこそゴーサインが出たといえます。今後のiPS細胞による再生医療の試金石となる治験に注目しています。

4 / 4 ページ

天野篤

1955年、埼玉県蓮田市生まれ。日本大学医学部卒業後、亀田総合病院(千葉県鴨川市)や新東京病院(千葉県松戸市)などで数多くの手術症例を重ね、02年に現職に就任。これまでに執刀した手術は6500例を超え、98%以上の成功率を収めている。12年2月、東京大学と順天堂大の合同チームで天皇陛下の冠動脈バイパス手術を執刀した。

関連記事