Dr.中川のみんなで越えるがんの壁

肺がんの臨床試験で注目 2剤の併用で再発リスクが4割減

肺がんの大林宣彦監督は「あと3000年、映画を作りたい」と(C)日刊ゲンダイ

 肺がんの治療でうれしいニュースでしょう。近畿大などの研究グループによって、分子標的薬を2剤併用すると、単独で使う場合に比べて再発リスクが4割下がることが分かったのです。

 肺がんの人のうち、3割はEGFRという遺伝子に変異があります。それがある人に効果的な分子標的薬は、イレッサ、タルセバ、タグリッソなどが開発されていて、タグリッソが最も効果的なのですが、どれも使い続けると、薬が効きにくくなる欠点が。

 そこで研究グループはタグリッソを温存し、タルセバを使ってより効果的な薬の組み合わせを考えました。がん細胞は栄養を取るため、細胞の周りに血管を多く作りますが、それを邪魔する分子標的薬サイラムザとの併用を調べたのです。

 2剤併用のグループ224人とタルセバ単独のグループ225人を追跡したところ、がんが進行せず安定した状態を示す無増悪生存期間(PFS)の中央値は、2剤併用が19.4カ月、タルセバ単独が12.4カ月と有意に長い。2剤併用の再発リスクは、単独に比べて約6割と4割低いことが分かったのです。

1 / 3 ページ

中川恵一

1960年生まれ。東大医学部医学科卒業。同院緩和ケア診療部長を兼務。すべてのがんの診断と治療に精通するエキスパート。がん対策推進協議会委員も務めるほか、子供向けのがん教育にも力を入れる。「がんのひみつ」「切らずに治すがん治療」など著書多数。

関連記事