がんと向き合い生きていく

「希望を持っていたい」ステージ4のがん患者にそう言われ…

佐々木常雄氏(C)日刊ゲンダイ

 G医師が「いや、そういうことではないのですが、でも、Dさんには肺がんでステージ4とお話ししていますよね」と説明すると、Dさんはこう答えました。

「はい、聞いています。でも、最終段階だなんてショックだわ。えー! もう、そんなに生きられないのですか? でも、最近、免疫療法でノーベル賞をもらった薬もあるんでしょう? 私は最終段階の話なんて聞きたくないんです。希望を持っていたいんです」

 G医師は、「もちろん、Dさんの意思が尊重されることが一番大切です。分かりました。きょうはこのくらいにして、また相談しましょう」と話を終わらせながら、内心で「しまった。Dさんにはこのことは話すべきではなかった」と思ったそうです。

■アドバンス・ケア・プランニングが患者になじむのはまだまだ難しい

3 / 5 ページ

佐々木常雄

東京都立駒込病院名誉院長。専門はがん化学療法・腫瘍内科学。1945年、山形県天童市生まれ。弘前大学医学部卒。青森県立中央病院から国立がんセンター(当時)を経て、75年から都立駒込病院化学療法科に勤務。08年から12年まで同院長。がん専門医として、2万人以上に抗がん剤治療を行い、2000人以上の最期をみとってきた。日本癌治療学会名誉会員、日本胃癌学会特別会員、癌と化学療法編集顧問などを務める。

関連記事