がんと向き合い生きていく

「希望を持っていたい」ステージ4のがん患者にそう言われ…

佐々木常雄氏(C)日刊ゲンダイ

 アドバンス・ケア・プランニング(ACP)という取り組みがあります。愛称は「人生会議」で、厚労省は人生の最終段階における医療・ケアの在り方としてこの取り組みを勧めています。

 その目的は「患者の意向に沿った終末期療養の実現」で、「医師等の医療従事者から適切な情報の提供と説明がなされ、それに基づいて医療・ケアを受ける本人が多専門職種の医療・介護従事者から構成される医療・ケアチームと十分な話し合いを行い、本人による意思決定を基本としたうえで、人生の最終段階における医療・ケアを進めることが最も重要な原則である」としています。

 しかし、Dさんのように、「先のことは聞きたくない」という方もおられます。日本人では、自分の予後について聞きたい人が50%、聞きたくない人は30%という報告もあります。また、患者によっては、自分の最期について医師とだけではなく、他職種の数人で話し合うのを嫌う方もいらっしゃいます。

4 / 5 ページ

佐々木常雄

東京都立駒込病院名誉院長。専門はがん化学療法・腫瘍内科学。1945年、山形県天童市生まれ。弘前大学医学部卒。青森県立中央病院から国立がんセンター(当時)を経て、75年から都立駒込病院化学療法科に勤務。08年から12年まで同院長。がん専門医として、2万人以上に抗がん剤治療を行い、2000人以上の最期をみとってきた。日本癌治療学会名誉会員、日本胃癌学会特別会員、癌と化学療法編集顧問などを務める。

関連記事