100年人生が楽しくなる半日断食

わずか半年で67kgが57kgに 学生時代の体重に戻りました

写真はイメージ(C)日刊ゲンダイ

「糖質制限食を試してみると、体重は半年で67キロから57キロへと10キロ減少。学生時代の体重に戻り、お腹回りの内臓脂肪も減り、メタボが解消したのです」

 京都市右京区にある高雄病院では1999年から、糖尿病治療に糖質制限食を導入してきた。主導したのは、糖質制限の第一人者、江部康二理事長。実は江部先生自身も52歳で糖尿病になり、真っ先に糖質制限食を実践。その後、体重は今に至るまで17年間変わっていないという。

 糖質制限食とは糖質を多く含む、お米や麺類、パンや菓子などを極力減らし、タンパク質や脂質を多く含む肉や魚や大豆製品(豆腐や納豆)、野菜やキノコ、海藻などを摂取するといったもの。高雄病院では糖質制限食を導入後、患者の血糖値が薬に頼ることなくみるみる改善。そして、多くの患者の内臓脂肪も減り、肥満が解消された。江部先生も糖質制限を始めてわずか半年で、下が95、上が150の高血圧症が正常値に。その他、内臓脂肪やヘモグロビン値の健康データも正常化している。

1 / 2 ページ

江部康二

1950年、京都府生まれ。京都大学医学部卒。高雄病院理事長(内科医、漢方医)。日本糖質制限医療推進協会代表理事。近著に「内臓脂肪がストンと落ちる食事術」(ダイヤモンド社)がある。

関連記事