専門医が教える パンツの中の秘密

【ペニスが曲がる病気】2~9%で発生 直角に曲がる人も

写真はイメージ(C)日刊ゲンダイ

 中高年になると勃起力が弱くなることは男性の悩みのひとつです。しかし、「ペニスが曲がる」という事態も年齢が増すほど起こりやすくなるので要注意です。

 ペニスが曲がる病気は、生まれつきの「先天性陰茎湾曲症」という疾患もありますが、もともと真っすぐだったペニスが大人になって曲がってしまう「ペロニー病」があります。最初に報告したフランス人の名前が病名になったのですが、日本では「陰茎硬化症」や「形成性陰茎硬結症」などとも呼ばれています。

 50歳以上に起こりやすく、世界的に見た発症頻度は男性の2~9%とされています。症状としては、勃起時のペニスの変形(屈曲や短縮)、勃起時の痛み、変形が強いと腟への挿入ができなかったり、ED(勃起障害)の原因になったりします。

 ペニスの構造は、亀頭から尿道の周りを囲んでいる「尿道海綿体」と、その両側に「陰茎海綿体」があります。性的興奮があると、この海綿体内に血液が流入して膨張することで硬い勃起が完成します。先天性陰茎湾曲症は、この海綿体の発育がアンバランスのため曲がってしまいます。

1 / 3 ページ

関連記事