上皇の執刀医「心臓病はここまで治せる」

AIを使った心臓分野の診断が実現する日はそう遠くはない

順天堂大学医学部心臓血管外科の天野篤教授(C)日刊ゲンダイ

 心臓疾患の分野でもAI(人工知能)を使った診断の研究が急速に進んでいます。

 理化学研究所と昭和大学などの共同研究チームは、胎児の先天性心疾患を出生前に見つける「胎児心臓超音波スクリーニングシステム」を開発しました。正常な胎児の心臓の超音波画像2000枚をAIに学習させ、妊婦健診で超音波検査を行う際に正常なパターンから逸脱した心臓の異常を検知します。今後は数十万枚の画像を追加させる予定で、さらに精度が上がると期待されています。

 心房中隔欠損やファロー四徴症といった先天性心疾患は出生児の1%に起こるといわれます。そのほとんどは、すぐに命の危険があるわけではないのですが、新生児死亡要因の約20%がそれに当たり、早期発見できれば出生前からさまざまな対策や治療計画を講じることができます。

 小倉記念病院では、心筋梗塞や狭心症を引き起こす冠動脈の詰まりをAIを使って診断するシステムの開発を進めています。これまでのCT検査で撮影された約2万枚の心臓画像を取り込んで、心筋梗塞につながるような特徴的な冠動脈の詰まりをAIに学習させ、新たな患者の早期診断に役立てるものです。

1 / 4 ページ

天野篤

天野篤

1955年、埼玉県蓮田市生まれ。日本大学医学部卒業後、亀田総合病院(千葉県鴨川市)や新東京病院(千葉県松戸市)などで数多くの手術症例を重ね、02年に現職に就任。これまでに執刀した手術は6500例を超え、98%以上の成功率を収めている。12年2月、東京大学と順天堂大の合同チームで天皇陛下の冠動脈バイパス手術を執刀した。

関連記事