愉快な“病人”たち

格闘家の征矢貴さん「クローン病」との壮絶バトルを語る

征矢貴さん(C)日刊ゲンダイ

「自分が生み出した病気は自分で治せる」

 これはステージ4のがんから寛解した知人の言葉です。医師に「治らない病気」と言われると「そうなんだ」と思って言われるがままに薬を飲み続けてしまいます。僕はあのままだったら格闘家を続けられなかったかもしれません。

「クローン病」と診断されたのは、2017年の9月でした。その3カ月前から調子が悪く、腹痛がしてトイレに行くものの、ほとんど便は出ないという状態を繰り返していました。

 その回数が1日10~20回にも及び、さすがにおかしいと思って病院に行って、大腸内視鏡検査を受けてわかりました。

 じつは、18歳で「痔ろう」になった時、医師から「若い人の痔ろうはクローン病が隠れている可能性がある」と言われて検査をしたことがあったんです。その時はセーフでしたが、頭の片隅には病名が残りました。

1 / 6 ページ

関連記事